〒625-0036京都府舞鶴市浜451-2

0773-62-0309 0773-62-0372
  • 小児科
  • アレルギー科
  • 血液科

京都府舞鶴市小児科・アレルギー科・血液科

予防接種

予防接種は火曜日午後に行っています。予防診療ですので、電話もしくはFAXで予約しておいてください。
火曜日午後の都合が悪い方にはできるだけご希望に沿って個別に対応致しますのでご相談ください。

インフルエンザワクチンについては子どもさんだけではなく成人の方にも接種させていただきます。
ワクチンデビューは生後2ヶ月です。
乳児期早期で接種するワクチンが近年どんどん増加の方向にあります。今までは接種の経過を確認し、また今後の予定を立てる上で母子手帳は不可欠の情報源です。必ず持参してください。
いろんな理由で接種ができていない方にもできるだけワクチンを接種していただくためにいろんなバリエーションが認められています。結構ややこしいので、看護師にご相談ください。ただ基本はスタンダードな方法で受けていただくのがよいと考えています。
当院では日本で接種可能なワクチンのすべてについて接種を行っています。自費のワクチン接種の料金については各々の医療施設で異なっており、電話で問い合わせていただいたときにお話致します。

予防接種は、確実な根拠に基づく信頼できる予防医療であることは間違いありません。これらのワクチンを間違いなく順序を踏んで滞りなく接種していくことについて小児科医は重い責任があります。その効果はそれぞれ異なりますが、小児科医のほとんどはわが国で認可されているのは公費負担のものはもちろん、任意接種のものもすべてしておいたほうがよいと考えています。
予防接種の目的として、他人からうつされることを防止する(発病阻止)ことやかかっても軽く済む(軽病化)ことはもちろんですが、そのほかにほかの人にうつさないことつまり病気の蔓延を防ぐこと(集団免疫)も大切なことです。ワクチンを受けた人が少ないと集団免疫の機能が働きません。つまり免疫の弱い人、例えば乳幼児、高齢者、慢性疾患の患者さんたちのリスクが高まることになります。
お母さん方の多くがいろいろなかたちで働くようになっていますので仕事を休むのは問題であると考えられるのであれば、自費のものも含めて積極的に接種を受けられることを勧めます。また医療・介護関係や教育・保育の仕事に入ることを考えれおられる場合も特に積極的に勧めます。

世界の潮流は予防できる病気(これをVPDといいます)はできるだけワクチンで対応するというのが流れです。それらのワクチンを円滑に遅滞なく投与するためにはどうしても同時接種ということが必要となってきます。

↓インフルエンザワクチンに関してはこちらのボタンバナーをクリックしてください。

インフルエンザ問診票ダウンロード

VPDとはなにか

ワクチンで防げる病気をVPDと呼びます。子どもたちがかかりやすいVPDには次のようなものがあります。

ワクチンで防げる主な病気♥・・・日本の子どもがワクチンを接種できる病気

  • B型肝炎
  • ロタウイルス胃腸炎
  • ヒブ感染症
    (細菌性髄膜炎など)
  • 肺炎球菌感染症
    (細菌性髄膜炎など)
  • ジフテリア
  • 破傷風(はしょうふう)
  • 百日せき
  • 結核
  • ポリオ
  • 麻しん(はしか)
  • 風しん
  • おたふくかぜ
  • みずぼうそう
  • 日本脳炎
  • インフルエンザ
  • ヒトパピローマウイルス感染症
    (子宮頸がんなど)
  •  A型肝炎
  •  髄膜炎菌感染症

これらの病気はすべて日本でも少なくともかつて、世界のどこかの地域によっては今でも子どもたちの命にかかわる病気です。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

4種混合ワクチン:無料(公費負担)

4種混合ワクチンは3種混合ワクチンであるDPTワクチンに不活性化ポリオワクチンを追加したワクチンです。ワクチンの数がどんどん増える傾向があるので、ひとつでもワクチン接種の回数が減るメリットは大きいと考えられます。注射の対象年齢と接種の感覚は基本的に3種混合と同じで、一期は生後3か月から7歳6か月までに行います。一期は20~56日の間隔で3回、追加として12か月から18か月の間隔で行うのが標準的な方法です。できるだけこのようなかたちで受けていただくのが望ましいと考えますが、間隔があいても大事なのは回数なのでとにかく4回接種することが重要です。

Hibワクチン:無料(公費負担)

乳幼児の重症感染症の原因の多くを占めるインフルエンザ桿菌(インフルエンザウイルスとは違います)に対するワクチンです。2008年の導入以降このワクチンによって乳幼児の細菌性髄膜炎の発症は劇的に減少―98%の減少―しています。ワクチンの接種対象者は生後2か月~5歳未満で推奨される接種開始時期は生後2か月~6か月(できるだけ2か月で)、初回免疫を4~8週間間隔で行い、おおむね7~13か月後に追加接種というのが標準的なスケジュールです。これも大切なのは回数なのでとにかく4回受けるようにしてください。

プレベナー13(肺炎双球菌ワクチン):無料(公費負担)

これもHibワクチンと同様、乳幼児にみられる細菌感染症を予防するワクチンです。Hibは主に髄膜炎がターゲットとなっていますが、こちらは髄膜炎のほか、中耳炎、肺炎、副鼻腔炎に対しても有効であるといわれます。 最近では一歳以前から集団保育が盛んとなっており、このような乳児が1歳に到達した時点ではHibと肺炎球菌の感染率(病気になるということではありません)はほぼ90%に達するといわれ、そしてその一部が重症感染症を発症するということになります。
接種対象は生後2か月~6歳未満であり、推奨される接種開始時期は生後2か月(できるだけ2か月で)~6か月、初回免疫を4~8週間隔で3回行い、生後12~18か月に時点で追加接種というのが標準的なスケジュールです。これも大切なのは回数なのでとにかく4回受けるようにしてください。

日本脳炎ワクチン:無料(公費負担)

アジアでは日本脳炎の発生の頻度は高く、温暖化が進む日本でもデング熱とともに日本脳炎の流行が危惧される状況となっています。日本脳炎ワクチンによる急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の発症は接種100万回~150万回に1回程度とされしかもそのほとんどが後遺症なく治癒するといわれています。
一期の接種回数は3回で、3歳から開始してまず1か月間隔で2回、その後1年後に追加接種として1回というのが標準的な接種スケジュールです。3歳から7歳6か月までに一期を終了してください。海外移住であるとかの状況によって、また希望される方には3歳以前から接種を開始することもできますのでご相談ください。
一期の接種ができていない方への接種も今のところ「特例」という形で可能となっており、該当の方はご相談ください。

麻疹風疹ワクチン:無料(公費負担)

麻疹と風疹とは一緒に接種するのが原則ですが、希望により別々でということももちろん可能です。
卵を使って培養しているため強い卵アレルギーのある方に対しては注意が必要ですが基本的にはほとんどの場合接種が可能です。実際に食べてみてどうかということと血液検査の結果によって、接種方法を選択しますので、心配な方はご相談ください。極度のアレルギーのある方には舞鶴医療センターを紹介しています。
一期は1歳~2歳未満で接種とされていますが、できるだけ早いうちに受けてください。2期は5~7歳未満で小学校入学前1年間です。3月までで接種は終了、その後は自費となりますので注意してください。
なお、妊娠可能な女性とその同居者については風疹の抗体価が低値であれば当院でも対応可能です。接種条件などについては詳細をお問い合わせください。

BCG:無料(公費負担)

BCG接種の目的は乳幼児の結核性髄膜炎や粟粒結核といった重症の結核を防止することにあります。日本は結核がまだ克服されたとは言えない状況にあります。1980年代以降は結核の蔓延の改善がみられなくなり、1990年代からはかえって増える傾向(再興感染症といいます)にあります。この主な原因は急速な高齢化に伴い、戦前に生まれ育った世代が高齢者となって免疫の低下に伴い発症するケースが増えていることによると考えられていますが、格差の拡大や貧困化もその一端を担っていると思われます。一歳までに接種することといわれていますが、最適接種期間としては生後5か月~8か月未満とされています。

B型肝炎ワクチン;公費負担(生後2か月~1歳未満)

2016年10月からB型肝炎ワクチンが定期接種となります。
ようやく日本でも今までの母子感染予防のみといったそれでは感染を制圧できない中途半端な対策が終わることになります。
日本を含めた東アジアは国民のHBs抗原陽性率が2~8%の中等度とされており、そのような国で母子感染のみに予防を限定してきたのは日本だけです。またWHO加盟国のうちの95%がすべての新生児に公費でHBワクチンを接種しています。
母子感染予防については世界で有効性は確認されています。
日本のそれはつい最近まで世界の標準から若干かけ離れていたのですが、2013年10月から世界標準に準じたものとなりました。
しかしそれが新生児を扱う医療施設に周知されているとは言えない状態でもあります。
父子感染については、父親がキャリアだと約1/4に感染がみられ、約10%の子供がキャリアになるといわれますが、日本ではそのデータ自体がありません。 集団生活でも、あらゆる年齢層での集団のメンバーからの感染が報告されています。
唾液、汗、涙、尿などの体液、排せつ物にHBVのDNAが存在することは確実でそれらからの感染を示唆するデータもあります。
そのほか最近では性感染症としてのB型肝炎が輸入され短期間に全国に波及しています。
これらに対する根本的な対策は予防策としてのすべての人へのワクチン接種です。
今回の決定はその第一歩と考えてください。
日本のワクチン接種は0歳の間に3回接種することとなっています。
具体的には生後2か月から一回目の接種が可能であり、2回目はその一か月後、3回目は一回目から6か月の間にすることとなっています。
ただ定期接種になるのは今年4月以降に生まれたこどもだけですし、本来長期的に最も効果を上げるためには4回目の接種が必要ともいわれます。
もちろんこれでも日本としては大きな進歩ですし、今後接種が広がっていくことが期待されます。
なお当クリニックでは今のところ化血研以外のワクチンのみを接種することにしています。

水痘ワクチン:無料(公費負担)

2014年10月から公費負担での接種が可能となりました。
1~3歳未満で3か月以上あけての2回接種が原則です。接種間隔は大体6か月あたりをめどとして考えてください。
2015年3月までは、一回自費で接種を受けた方も3歳未満であれば2回目も公費で接種ができますし、3歳~5歳未満の方も未接種であれば一回だけですが公費での接種が可能です。2015年4月以降は公費負担はなくなりますので気を付けてください。
水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンは麻疹風疹ワクチンと同様卵を使って作られています。ただ麻疹風疹ワクチンが問題なくできたのであれば、接種上の問題はまずないものと考えています。

ムンプス(おたふくかぜ)ワクチン:有料(公費負担なし)

おたふく風邪の合併症は髄膜炎や睾丸炎のほかムンプス難聴などが主なものです。ムンプス難聴は一万人に一人くらいの頻度と考えられていましたが最近では千人に一人という報告も見られています。髄膜炎はちなみに80人に一人という風に考えられています。ムンプスワクチンは一歳から受けることができます。生ワクチンでMRと同様卵で培養して作られますので卵アレルギーの方は要注意ですが、MRが大丈夫であれば心配ないと考えています。

なお、最近では2回接種ということもいわれるようになりました。問題は全額自己負担であるということです。私としても声を大きくしていうのは若干ははばかれるところですが、確かに麻疹風疹予防接種と同様そのほうが抗体の上昇が確実で実際予防効果も高いと考えられます。※2年間以上あけて接種が原則です。

ポリオ予防接種:不活化ワクチン:無料(公費負担)

2012年9月から不活化ポリオワクチンが認可されすでに接種が始まっています。
なぜ有効性が明らかである経口生ポリオワクチンではなくて不活化ワクチンが使われるようになったのでしょうか。それは副反応すなわちワクチンウィルスによるワクチン関連まひが百万人に一例程度の頻度で発生することが分かっているからです。日本でもここ数十年ポリオは80例程度発生していますが、そのすべてがワクチンウィルスによる発症です。
またワクチン接種された人からポリオがうつったと考えられる人は2004年以降5人あります。麻痺は不可逆性で後遺症が残るため軽視するわけにはいきません。今後は日本では不活化ワクチンだけが使わることになりましたので、回数は4回と増えましたが安全性は非常に高まったと考えてよいと思われます。ただ4種混合とは併用できないので、今後3種混合ワクチンが終了するとそれをどうするかは考えなければなりません。

ロタウィルスワクチン(任意:費用は自己負担)

ロタウィルスは冬場の乳幼児の感染性胃腸炎の最も多い原因の一つです。特に生後6~18か月までに多くまた重症化しやすいということで知られています。症状としては普通の胃腸風邪と比べて長引く白色の下痢です。最初は嘔吐がひどいとか高熱を発することもあり、下痢嘔吐に伴う脱水が最大の問題です。そのほかけいれん、脳症、腸重積などの合併症にも注意が必要です。治療はともかく脱水を起こさないこと、脱水・低血糖があればそれに対する対応が基本です。日本では2種類の経口生ワクチンが接種可能です。
各々の特徴をかいつまんでいうと

  • ロタリックス
    • 人ロタウィルスを弱毒化したもので対象年齢は生後6週~24週
    • 接種回数は4週間以上の間隔で2回
  • ロタテック
    • 牛ロタウィルスとヒトの遺伝子組み換えのウィルスと組み合わせたもので対象年齢は生後
    • 6~32週接種回数は4週間以上の間隔で3回

ですが効果については統計上変わらないとされています。ただこれらを見てどちらが良いのかわからないと思われる方も多いのではないかと思いますので、当クリニックでは今の時点ではさしあたってロタリックス優先することにしています。その理由は日本ではいまのところロタリックスの接種のほうがずっと多いこと、ロタテックのように3回接種となるとそうでなくてもこの時期には接種がたてこんでおり他のワクチンとの兼ね合いで接種のスケジュールがもっとややこしくなることなどがあげられます。

HPVワクチン:無料(公費負担)

混乱の中にあるワクチンです。今の時点ではご希望があればお話しして、納得していただいた方にのみ接種することにしています。ちなみに問題が起きてからは一人も接種していません。日本におけるこのワクチンの未来は全く不透明です。

これは人のがんに対する初めてのワクチンです。子宮頸がんはHPVというウィルスが原因で、とくに若い女性に頻度が高いがんです。
HPVには何種類かのタイプがありますが、その中でもタイプ16と18に対して効果がある(ほの100%の予防効果)ワクチンなので、これさえしておけば100%というわけではありませんが、70%程度のがんは阻止できると考えられています。
子宮上皮にウィルスが付着(自然感染)しても付着したとしてもそのほとんどは自然排除されるといわれます。しかし一方ではそれで免疫が誘導されるということはありません。
つまり何回でも感染を繰り返すことになります。そのうち感染が持続し、また何らかの原因で上皮が破れ、上皮下の細胞に感染が広がって、その数年~十数年後がんが発生するという風に考えられています。その場合がんの発生率は約1%とされています。
このワクチンは子宮の上皮にウィルスが付着するところではなくそれが上皮下の細胞に感染するところで効果を発揮すると考えられています。上皮が破れて・・・というのは性交渉の結果ということが最も考えやすいので、極力早い時期に接種することが望ましいというのが医療の側の一致した意見です。
アメリカでは9~26歳に接種することになっていますが、日本では一応10歳以上に適応とされています。

なお、わたしのところでは、2種あるワクチンのうちガーダシルを選択しています。その理由はガーダシルのほうが予防できるウィルスの種類が多く、子宮がんだけでなくやはり女性の病気である尖圭コンジローマの予防もできるということと全世界ではガーダシルを選択している国が多数を占めているということからです。
初回、二ヶ月後、六ヶ月後の3回接種することで免疫が完成します。なお接種前にがんの検査は必要ではありませんが、接種したことでがんが治療できるということはありませんし、すべての子宮ガンが予防できるわけではないので子宮ガン検診がまったく必要なくなるということでもありません。
ですからあまりに過大な評価ということは避けたいのですが、少なくとも70%程度の子宮ガンが、それも若い女性に多く見られるとされるガンがしっかりと予防できるということは大きな光明であることは間違いないと考えられます。
副作用は接種部位の腫れなど通常の予防接種と変わりがないものといわれています。

同時接種

同時接種とはあらかじめ混合されていない2種類以上のワクチンを同時に接種することです。基本的にはどのような組み合わせも可能ですが、当院では都合上4種以内でお願いしています。またBCGはできるだけ単独でお願いしています。
同時接種は単独での接種と比べて安全性に問題があることはなく、また免疫の獲得に差はないことも数十年前から確認されています。
日本小児科学会もワクチンの接種率が向上する、保護者の経済的・時間的負担が軽減される、医療者の時間的負担が軽減する、そして何よりも子どもたちがワクチンで予防される病気から早期に守れることから必要な医療行為として同時接種を強く推奨しています。

インフルエンザ問診票ダウンロード
感染症の登園基準
登園届けダウンロード ※当院の印鑑がないものは無効です
Mobile Site
 
左のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます。
Page Top