〒625-0036京都府舞鶴市浜451-2

0773-62-0309 0773-62-0372
  • 小児科
  • アレルギー科
  • 血液科

京都府舞鶴市小児科・アレルギー科・血液科

登園届

登園届

保育園は乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。
登園に際しては、以下の配慮をお願いいたします

  • ①園内での感染症の集団発症や流行につながらないこと
  • ②子どもの健康(身体)状態が保育園での集団生活に適応できる状態に回復していること

1.医師が記入した意見書(診断書)が必要な感染症

病名 感染しやすい期間 登園のめやす
麻疹(はしか) 発症1日前から発疹出現4日後まで 解熱後3日を経過してから
インフルエンザ 発症24時間前から後3日間が最も多い
(量は減少していくが1週間ほどは注意が必要)
発熱後5日間及び解熱後3日を経過してから
風疹 発疹出現の数日前から後5日間くらいまで感染力強い 発疹が消失してから
水痘(水ぼうそう) 発疹2日前から痂皮形成まで すべての発疹が痂皮化してから
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
発疹2日前から耳下腺腫脹後5日後まで 耳下腺の腫脹が消失してから
結核   感染の恐れがなくなってから
咽頭結膜熱
(プール熱)
急性期の数日間 主な症状が消え2日経過してから
流行性角結膜炎 急性期の数日間> 感染力が非常に強いため
結膜炎の症状が消失してから
百目咳 抗菌薬を服用しない場合、
咳出現後2週間を経過するまで
特有の咳が消失し、
全身状態が良好であること
(抗菌薬を決められた期間服用する。
5日間服用後は医師の指示に従う)
腸管出血性大腸菌
感染症
(O157 O26 O111など)
  感染の恐れがなくなってから
帯状疱疹
(ヘルペス)
抗菌薬を服用しない場合、
咳出現後2週間を経過するまで
感染の恐れがなくなってから

2.医師の診断を受け、保護者が記入する登園届が必要な感染症

病名 感染しやすい期間 登園のめやす
溶連菌感染症 適切な抗菌薬治療を開始する前と
開始後1~2日間
抗菌薬内服後24時間経過していること
マイコプラズマ肺炎 適切な抗菌薬治療を開始する前と
開始後数日間
発熱や激しい咳が治まっていること
手足口病 急性期の数日間 発熱・重症の口内炎がなく、
普段の食事ができること
伝染症紅斑
(りんご病)
発疹出現前の1週間 全身状態が良いこと
感染性胃腸炎
ノロ・ロタ・
アデノウイルスなど)
症状のある間と、症状消失後1週間
(量は減少していくが数週間ウイルスを排泄しているので注意が必要)
嘔吐・下痢などの症状が治まり、
普段の食事ができること
ヘルパンギーナ 急性期の数日間(便の中に1ヶ月程度ウイルスを排出しているので注意が必要) 発熱・重症の口内炎がなく、
普段の食事ができること
RSウイルス感染症 呼吸器症状のある間 重篤な呼吸器症状が消失し全身状態が良いこと

3.登園届は必要ないが、医師の診断及び治療が必要な感染症

病名 感染しやすい期間 登園のめやす
突発性発疹   解熱し全身状態が良好
伝染性膿痂疹
(とびひ)
湿潤な発疹がある間 皮疹が乾燥しているか、湿潤部位が
被覆できる程度のものであること
伝染性軟属腫
(水いぼ)
  掻きこわし傷から、
滲出液が出ているときは被覆すること
頭じらみ症 発症から駆除開始し数日間 駆除を開始していること

※その他:原因不明の発熱、咳、嘔吐、下痢、発疹など症状のあるとき

⇒登園届の印刷はこちら

※当院の捺印の無いものは、無効となります。

インフルエンザ問診票ダウンロード
感染症の登園基準
登園届けダウンロード ※当院の印鑑がないものは無効です
Mobile Site
 
左のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます。
Page Top